ホーム > 国から探す > フランス

フランス


フランス観光開発機構のおすすめスポット

ユネスコ世界遺産の街、リヨン

 「美食の都」「絹の街」「金融の街」「ハイテクの街」。パリに次ぐフランス第二の都市リヨンには、ほかにもさまざまな称号があります。ソ-ヌ川、ローヌ川のふたつの川を中心に栄え、ローマ時代からの2000年の長い歴史を持っています。
 リヨンの街を一望できるフルヴィエールの丘地区、旧市街、クロワ・ルース地区は、世界遺産にも登録されています。歴史と現代が融和しているこの街には多くの見どころがあります。
 おすすめのイベントは、毎年12月8日前後の4日間に開催される「光の祭典」です。1世紀半以上の古い歴史をもつリヨンの伝統行事で、家々の窓辺やフルヴィエールの丘一帯に連なるキャンドルの灯火が美しい光景です。現在は街全体をライトアップし、光のショーが行われる一大イベントとなっています。

アクセス:パリ・リヨン駅からTGVで2時間。新市街に近いリヨン・パール=ディユー Lyon Part-Dieu 駅もしくは旧市街に近いリヨン・ペラーシュLyon Perrache 駅で下車。

▼リヨンについての詳しい情報はこちらwww.franceguide.com

情報提供:フランス観光開発機構

フランス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

© Laurent Berthier - Office du Tourisme de Lyon


ヨーロッパの文化拠点新しい町、メッス

 ライン河を挟んでドイツと国境を接し、地理的、文化的にドイツの影響が色濃く残る、ロレーヌ地方の首都メッス。ゴシック建築の傑作でヨーロッパ一の高さを誇るサン・テティエンヌ大聖堂をはじめ、たくさんの教会に美しいステンドグラスがあり、シャガールやコクトーが制作したモダンな作品も見ることができます。
 日が暮れれば、14か所もの名所旧跡がライトアップされ幻想的な街になります。また最近では、パリにある現代芸術の複合施設「ポンピドー・センター」の分館、「ポンピドー・センター・メッス」がオープンし、注目を集めています。
 メッスは、スモモの一種で丸く甘いミラベルの産地としても知られます。タルトケーキ、ジャムとして味わったり、ブランデー、リキュールなどに加工されたりと、様々な楽しみ方があります。また、キッシュ・ロレーヌやチョコレートでできたメッスのブレも有名です。

アクセス:パリ東駅よりTGV東線でメッス・ヴィル駅まで約1時間20分

▼メッスについての詳しい情報はこちらwww.franceguide.com

▼メッスとロレーヌ地方、シャンパーニュ地方およびベルギー、ルクセンブルクを巡るおすすめコースはこちらwww.frabelux.jp

情報提供:フランス観光開発機構

フランス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

© Cristian Legay, Marc Royer



フランスの鉄道の概要

フランス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

 フランスの鉄道の見どころは、どこまでも青く澄んだ地中海から、アルプスやピレネーの高い峰々まで、変化に富んだ車窓が楽しめることです。
 首都パリから放射状に延びる高速鉄道「TGV」に乗れば、最高時速320kmのスピードで駆け抜けます。世界に名を知られるこの鉄道なら、例えばパリからマルセイユはわずか3時間で到着します。
それぞれの地方を結ぶローカル線には、遠回りをしてでも乗りたい風光明媚な路線も多く、鉄道パスを利用すれば予約なしで列車に飛び乗ることができます。のどかな田園風景や、青く輝く地中海、レトロな車両ひいて走る蒸気機関車など、旅情あふれる鉄道の旅が楽しめる国、それがフランスです。
 フランス鉄道旅行を満喫するためには、全土を自由に旅することができるユーレイルフランスパスがおすすめです。隣り合う国々とともに旅行を楽しみたいなら、ユーレイルパスなどが便利です。


フランスの主要列車

フランス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])


●国内列車 TGV(高速列車)、ラピッド(特急)、エクスプレス(急行)、TER(普通)、RER(パリ近郊線)
●国際列車 ユーロスター(イギリス)、TGV(ドイツ、スイスほか)、ICE(ドイツ)、チザルピーノ(イタリア)、ユーロシティ
●夜行列車 ユーロナイト、DBナハトツーク(ドイツ)、アルテシアナイト(フランス)、エリプソス(スペイン)
●観光列車 モンブラン急行、タンド線、プロヴァンス鉄道、コルシカ鉄道、プチトラン・ジョーヌ


拡大してみる
料金を調べる


Page Top へ