ドイツ


ドイツ観光局のおすすめスポット

ドイツNo.1デスティネーション!

 世界遺産の一つで、ライン川畔にそびえるケルン大聖堂。このゴシック様式の傑作とされるドイツを代表する歴史的建造物こそが、ドイツNo.1デスティネーションです。
 フランクフルトからドイツの新幹線ことICEで約1時間-堂々とした大聖堂がだんだんと近づいてきます。この大聖堂は632年の年月をかけ1820年に完成しました。高い二つの塔はなんと157m! 509段もある階段を上れば、ライン川と町並みを見渡すことができます。
 またケルンでは、珍しい「チョコレート博物館」も注目です。3000年といわれるチョコレートの歴史を学び、ファウンテンからできたてを試食できます。
 ドイツの鉄道に乗ってぜひNo.1のケルン大聖堂を訪ねてみませんか。


ケルン大聖堂についての詳しい情報はこちら

ドイツ(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

(c) GNTB / McDonald, Jim


2010年ドイツ鉄道誕生175周年!

 1835年12月7日、ニュルンベルクとフュルトの間7.5kmを、蒸気機関車アドラー(鷲)号が走り、ドイツ鉄道の歴史は幕を開けました。鉄道発祥の地であるニュルンベルクは、ミュンヘンからICEで北へ約1時間の、クリスマスマーケットで知られた中世の帝国都市です。ドイツ鉄道博物館ニュルンベルクには、常時アドラー号とICEが並んで展示されています。また鉄道博物館では、本年7月1日から2011年2月28日まで「175周年記念特別展示『鉄道惑星』」が開催されます。期間中の8月6日から10月31日には、欧州各地から古い鉄道車両が集まるSL展も開かれ、英国のロケット号も登場します(月曜日休館)。
 鉄道王国ドイツで、食堂車やビュッフェで地元の料理を楽しみながら、ドイツ鉄道発祥の地を訪れてみてはいかがでしょうか。


ニュルンベルクについての詳しい情報はこちら
情報提供:ドイツ観光局

ドイツ(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

(c) Tourimusverband Franken



ドイツ鉄道の概要

 ドイツらしい鉄道旅行を満喫したい方は、フランクフルトからフュッセンへ向かい、ロマンチック街道や古城街道を巡りながら古代ローマの歴史に触れてみるのもよいでしょう。その他にも、南部のドイツアルプスを望むローカル列車や、地ビールやドイツワインを傾けながら地元の名産を味わえる食堂車の旅など、鉄道旅行ならではの楽しみを満喫できるのが、ドイツの汽車旅の魅力です。
 約3万5000kmにもおよぶネットワークを誇るドイツの鉄道は、国内に点在する中世以来の歴史ある町をスムースに結んでいます。工業国ドイツらしい高性能を誇る高速列車のなかでも最高峰であるICEは、フランクフルトからミュンヘンを約3時間半で結ぶほか、ベルリン、ハンブルク、ハノーバー、ケルンなど主要都市間を、最高時速320kmのスピードで駆け抜けます。
 ドイツ国内旅行には、ICEから都市近郊電車のSバーンまで乗り放題の「ジャーマンレイルパス」がお得です。また隣接する国々を一緒に周遊する方向けには、「ユーレイルパス」などの鉄道パスも用意されています。


ドイツの主要列車

ドイツ(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])


●国内列車 ICE(高速列車)、メトロポリタン(高速列車)インターシティ(都市間特急)、インターレギオ(地方特急)、レギオナル・バーン(普通)、Sバーン(都市近郊列車)
●国際列車 ICE(オランダ、ベルギー、スイス、オーストリア)、タリス(ベルギー、フランス)、TGV Est(フランス)、チザルピーノ(イタリア)、ユーロシティ
●夜行列車 シティナイトライン、DBナハトツーク、ユーロナイト
●観光列車 ハルツ狭軌鉄道、ツークスピッツェ登山鉄道、ネロベルク登山鉄道


拡大してみる
料金を調べる


Page Top へ