ホーム > 国から探す > アイルランド

アイルランド


アイルランド政府観光庁のおすすめスポット

ジャイアンツ・コーズウェイ

 世界自然遺産に登録されている、世界屈指の自然奇形です。火山活動によって形成された、4万個もの6角の石柱(柱状節理)が海岸近くに規則的に敷き詰められたように並ぶ異様は、かつての古代ケルトの言い伝えから「巨人の石道」と呼ばれています。
 ベルファストからは、列車で約2時間のポートラッシュ駅へ行き、バスに乗り換えて約30分です。ベルファストからのバスツアーもあります。
 ビジターセンターと海岸近くの奇岩サイト間は、シャトルバスが往復運行(片道約5分)されていますが、片道を小道に沿って約30分歩く、スリル満点のクリフ・ウォーキング(奇岩群を上から見下ろす、断崖沿いのコース)も楽しめます。

アイルランド(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

モハーの断崖

 大西洋に面した、高さ200メートル以上もある断崖絶壁が8キロにもわたって続くダイナミックな自然景観で、アイルランド観光のハイライトのひとつです。年間百万人以上の観光客が訪れます。
 モハーとは、ゲール語で「廃墟になった崖」という意味です。遊歩道が整備されていて、気軽に散策を楽しむことができ、その突き当たりに建つオブライエン塔からは、アラン諸島やコネマラ地方の山々が一望できます。
 さまざまな海鳥の繁殖地ともしても有名で、地域一体は自然保護区に指定されています。ダブリンから、列車でゴールウェイ及びリムリックまで約3時間~3時間半の道のりで、現地よりツアーバスがあります。

アイルランド観光についての詳しい情報はこちら

情報提供:アイルランド政府観光庁

アイルランド(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])


アイルランド鉄道の概要

 アイルランドは、イギリスと隣り合う北大西洋に浮かぶ島国です。国内には国営鉄道が、首都ダブリンより約2000kmの路線網を広げています。特色は、スペインなどと同じ軌間の1600mmという広軌を採用している点で、イギリスやヨーロッパ諸国などよりひとまわり大型の車両が走っています。一部は、日本から輸出された車両なので、車体に取り付けられた表示板をチェックしてみてはいかがでしょう。
 列車は主に、ダブリンから地方都市に向けて走っており、ほとんどが非電化の路線です。このため最高速度も時速145kmと抑えられ、のんびりゆっくりとした鉄道旅行を楽しめます。また国内中部では、燃料として使われる泥炭(ピート)の採掘に、かわいらしい軽便列車が使われており、一部は観光鉄道として乗客を乗せています。
 アイルランドの鉄道は、イギリスと異なり「ユーレイルパス」で乗車することができます。アイルランドのロスレア港までは、フランスのシェルブール港から「アイリッシュ・フェリー」が18時間をかけて結んでおり、「ユーレイルパス」の利用者は、特別割引(パスホルダー料金)として半額で乗船できます。
 なお国内だけをまわる方には「ユーレイルアイルランドパス」、イギリスとともに周遊する方には「ブリットレイル+アイルランドパス」がおすすめです。


アイルランドの主要列車


●国内列車 インターシティ(都市間長距離列車)、レイルカー(地方列車)、コミューター(郊外列車)、ダート(首都近郊列車)
●国際列車 エンタープライズ(北アイルランド)


料金を調べる


Page Top へ