スイス


スイス政府観光局のおすすめスポット

ベルニナ・エクスプレス

ベルニナ・エクスプレスは、アルプスを南北 に縦断する感動の絶景ルート。

ヒンターライン地方のトゥージスから、エンガディン地方のサン・モリッツを結ぶアルブラ線と、サン・モリッツからイタリアのティラーノまで結ぶベルニナ線。
スイス最大の私鉄会社レーティシュ鉄道が誇る伝統の鉄道路線と周辺に広がる風景が、2008年7月に世界遺産として登録されました。約100年前にアルプスの自然を壊す事なく切り開いた驚異の鉄道技術、そして鉄道とともに守られてきた山里の暮らしや美しい眺望は、世界中から訪れる多くの人々を魅了しています。

スイス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

ベルニナ・エクスプレス


ゴールデンパス・ライン

ゴールデンパス・ラインは、3つの鉄道会社の路線をつなぎ、ルツェルン湖からレマン湖まで抜ける夢のスイス横断ルートです。
ドイツ語圏の古都ルツェルンから、フランス語圏のエレガントなモントルーまで、きらめく湖、雄大なアルプス、のどかな牧草地、世界遺産ラヴォーのぶどう畑など、スイスの魅力がつまっています。
途中下車して、世界遺産でもある名峰ユングフラウヨッホ観光や、中央スイス地方の有名な観光地へのエクスカーションを楽しんだり、国際空港があるチューリヒやジュネーヴへ旅を続けることもできます。


スイスの観光についての詳しい情報はこちら
情報提供:スイス政府観光局

スイス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

ゴールデンパス・ライン



スイス鉄道の概要

スイス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

 スイスの鉄道の見どころは、観光列車や登山鉄道などから眺める雄大な景色です。有名な氷河急行が走る世界遺産にも登録されたレーティシュ鉄道をはじめ、モントルー周辺のブドウ畑を抜けてチョコレート工場を目指すチョコレートトレイン、絵画のような美しい景色を誇るゴールデンパスラインなど、絶景の車窓を楽しめる鉄道路線が目白押しです。

スイスの鉄道は、主要な都市間をほぼ1時間ごとに列車が走行しており、駅での乗り換えもスムーズなので、観光のみどころが満載なスイス国内のどこへでも鉄道だけで旅することができます。国際空港とのアクセスも万全で、インターシティや近郊電車などが空港地下などに直接乗り入れているのはもちろんのこと、日本と同じように時間に正確な運行で知られています。

なお快適な観光立国スイスの鉄道旅行を存分に満喫するために、出発前にスイスパスなどの鉄道パスを購入することをおすすめします。鉄道パスがあれば、鉄道の他にもバスやトラムなど公共の交通機関が利用できるほか、美術館や博物館にも入場できます。また鉄道パスが使用できない私鉄や登山鉄道でも、特別割引(パスホルダー料金)などが設定されている路線が多いため、鉄道パス一枚でスイス観光の魅力をあますところなく楽しむことができます。



スイスの主要列車

スイス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])


●国際列車 TGV(フランス)、ICE(ドイツ)、チザルピーノ(イタリア)、ユーロシティ
●国内列車 インターシティ(都市間特急)、インターレギオ(地方特急)、レギオエクスプレス(急行)、レギオ(普通)、エスバーン(近郊列車)
●夜行列車 シティナイトライン、エリプソス(スペイン)
●観光列車 氷河急行、ベルニナ急行、ゴールデンパスライン


拡大してみる
料金を調べる


Page Top へ