ホーム > 鉄道旅行のススメ > 出発前の準備

出発前の準備


人気の5つの理由出発前の準備列車に乗ってみよう!

鉄道旅行のススメ 出発前の準備

ヨーロッパの鉄道チケットは、日本で出発前に買うのがベスト。現地で購入のために窓口に並ぶ手間を省くだけでなく、事前に座席を予約できたり、日本語で手続きできるなど言葉の心配も要らず安心です。日本で手配できる鉄道チケットは、片道乗車券から寝台券、欧州最大24カ国で使えるユーレイルパスまで数多くあり、旅行のスタイルに合わせて選ぶことができます。
ヨーロッパ旅行の移動を効率よく楽しむためにも、日本での事前購入が便利でおすすめです。

きっぷを選びましょう

切符は“乗り放題(周遊)きっぷ”か“区間限定きっぷ”かの2パターン。チケットがいろいろありすぎて、どれを選択すればいいか分からない!と感じるかも知れませんが、旅行スタイルで考えれば選び方はいたってシンプル。まず「どんな旅行スタイルにしたいか」を決めましょう。
せっかくの旅だから、いろんな国を訪れたいという方は「周遊型」。
目的地を絞り、じっくりと見てみたい方は「滞在型」。
あとは目的地や旅行期間に合わせて用意された多彩なチケットの中から、自分にぴったりなチケットを選ぶだけです。

周遊型のための 乗り放題(周遊)きっぷ「鉄道パス(周遊券)」

指定された国や地域で乗り放題の「鉄道パス(周遊券)」がおすすめです。
「鉄道パス」には、毎日使用できるタイプ(通用日連続)、使用日を選べるタイプ(フレキシー)、二人用、2〜5名のグループ用(セーバー)、シニア用、ユース用など、さまざまな割引タイプがあります。

切符は“乗り放題(周遊)きっぷ”か“区間限定きっぷ”かの2パターン。(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

「滞在型」のための区間限定きっぷ「区間乗車券」

途中の町で途中下車できる、「区間乗車券」がおすすめです。
「区間乗車券」には、乗車日を指定しないで最大2ヶ月の有効なオープンタイプの片道乗車券、高速列車などの座席指定や特別指定料金が含まれたパッケージタイプの包括運賃チケットの2種類があります。

お得な情報が満載のインターネット予約サイトを活用しましょう

行き先と旅程が決まったら、まずは料金を調べてみましょう。旅のパターンによっては、周遊型の鉄道パスよりも、区間ごとにそれぞれの乗車券を買ったほうが安い場合もあります。またインターネットから予約購入する方限定の割引キャンペーンも実施していることがあるので、 レイルヨーロッパ公式サイト をチェックしてみましょう。公式サイトでは、行き先などを入力するだけで、検索条件にあったさまざまな鉄道パスやチケットの料金や空席状況が確認でき、オンラインで予約購入が可能です。お支払いもカード決済で簡単、購入チケットはご自宅に郵送されるので安心です。

お得な情報が満載のインターネット予約サイトを活用しよう(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

座席を予約しよう

ユーロスターやTGVなど、プレミアムトレインと呼ばれるほとんどの高速列車は予約が必要です。一方でドイツのICEは予約がなくても乗車できますが、それでもシーズンなどによって満席の場合もあるので、指定券の事前予約をおすすめします。

座席を予約しよう(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

日本出発前に再確認しよう

「鉄道パス」は、基本的に現地に到着してからでは購入できません。また混雑する夏場の観光シーズンや週末は満席となる列車も多いので、指定券は早めの予約がおすすめです。

日本出発前に再確認しよう(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])



列車に乗ってみよう!

Facebook
鉄道で巡る スイスの旅
「スイスパス」は、どこまでスイスイできるのか?
乗車レポート ギャラリー
タリスで行く!ベルギー ワロン ブリュッセル あそベルギー!まなべルギー!いやせるぎー!MAP
鉄道旅行人気の5つの理由
レイルヨーロッパ公式サイトへ
憧れのヨーロッパ鉄道旅行がお値ごろ価格で楽しめる割引キャンペーン実施中!
メルマガの登録はこちらから
Googleブックマークyahooブックマークはてなブックマーク


Page Top へ