ホーム > 乗車レポート > スイス ロングステイは スイスパス で

乗車レポートギャラリー

あさかちゃんさんの作品 「スイス ロングステイは スイスパス で」

  • ■列車: スイス国内 全乗り物
  • ■旅先: スイス グリンデルワルト
  • ■時期: 2012年6月14日
スイス ロングステイは スイスパス で
2012.6.suisu 015.JPGのサムネール画像
 私とスイスの出会いは40年前に遡ります。31歳の時に研修でスイス チューリッヒに派遣されて以来、スイスは第二の故郷となり今日を迎えております。7年前64歳でビジネス人生に終止符を打ち、その後毎年、冬と初夏にはスイス グリンデルワルトでロングステイを満喫しております。スイスには多くの日本人がツアーで訪問します。

 ツアーと言うものは、走馬灯を見ているように感激も思い出も一瞬のうちに通り過ぎてしまいます。これに対してロングステイは、自らが走馬灯の絵の一部として溶け込むことが出来るので「点」の思い出が「線」や「面」の思い出として残るのです。私たちはスイス グリンデルワルトに別荘を借りて天気が良ければ冬はスキー、初夏にはハイキング、乗馬、スケッチなどをし、天気が悪い日にはショッピング、美術館、博物館巡りや温泉巡りをして、ロングステイを満喫しております。

 スイスでは外国人向けに便利なチケットやパス類が豊富にあります。私たちは色々なチケット・パス類を使ってみましたが、ロングステイには「スイスパス」が便利で経済的なので「スイスパス」を活用しています。「スイスパス」を購入するとスイス国内の乗り物は鉄道から観光船、路面電車、バスなど、スイス滞在中は乗り放題です。

 私たちのロングステイ計画は、為替レートを眺めながらスイスフランが安い時にチケット・パス類、別荘の賃貸料金の支払いをします。これらチケット・パス類は日本で購入する場合、為替レートの変動に伴い価格が変動しますが、スイスフランが安い時に購入しますので、現地(スイス)で購入するのと余り変わらない価格で購入しています。スイス鉄道旅行に当たっては色々なサービスが揃っていますので旅の目的、形態に最も適したチケット・パス類を日本で事前に購入されることが経済面等を考慮しても得策と思います。

2012.6.suisu 035.JPGのサムネール画像
 チケット・パス類とは別に、スイス鉄道旅行で便利なのが、携行荷物の別送サービスです。空港あるいは旅行先の鉄道駅から指定鉄道駅まで携行荷物を運んでくれるサービスです。このサービスはスイス国内で手配が必要ですが「フライレール バゲージ(Fly Rail Baggage)」というサービスは、日本の空港からスイスの指定鉄道駅まで、帰りはスイスの乗車駅から日本の空港まで携行荷物を運んでくれます。

 往復でこのサービスを受けられるのは、成田からスイスまでの直行便を運航している、スイス インターナショナル エアラインズだけです。しかし帰りは何処の航空会社でも扱ってくれますので、是非活用されては如何でしょうか。

ギャラリーに戻る