ホーム > 乗車レポート > ドイツ&フランス クリスマスマーケット巡り

乗車レポートギャラリー

めぐみんさんの作品 「ドイツ&フランス クリスマスマーケット巡り」

  • ■列車: ICE TGV東線
  • ■旅先: シュトゥットガルト、ストラスブール
  • ■時期: 2009年12月1日
ドイツ&フランス クリスマスマーケット巡り
417724_396878858_1large.jpg
 通っている仏語サークルでストラスブール、パリ他を巡るツアーに参加することになりました。フランクフルト国際空港からのフランス入国の予定。

 そこで、せっかくドイツに降り立ったのに、何も見ずにフランス入りするのはもったいないと思い、自分だけツアーメンバーより一日早く旅立ち、ストラスブールで入国することにしました。

 旅行初日はフランクフルト中央駅の傍のホテルに一泊。次の日、ドイツを代表する国際高速列車ICEでシュトゥットガルトに向かいます(ちなみに切符は全てあらかじめ、レイルヨーロッパジャパンで手配しました)。定刻通り出発し、約1時間半でシュトゥットガルトに到着。そこから徒歩でクリスマスマーケットへ。

 世界最大級とあってとてもきらびやか。店舗の装飾もからくり仕掛けでゴージャスです。そこではカリーヴルストやフライドポテトなどを食べてまわり、駅に戻って生ビールを一杯。ビールの安さとおいしさを堪能するために前もってドイツに行って良かったです。

417724_396878857_1large.jpg
 夕方再びコインロッカーに預けていた荷物をピックアップ、今度はフランスの高速列車TGVに乗ってストラスブール入りしました。クリスチャン・ラクロワによるデザインの車体であるTGV東線は、洗練されていておしゃれでした。でもICEの無骨な感じも好きです。

 この旅行でフランクフルト、シュトゥットガルト、ストラスブール、リクヴィル、パリのクリスマスマーケットを見てまわりました。地域によってアルザス地方のホットワインは白が主流だとか、パリの移動遊園地のゴージャスさとか特色があってとても面白い旅となりました。

ギャラリーに戻る