ホーム > 乗車レポート > タリスでランチタイム♪

乗車レポートギャラリー

YURIKOさんの作品 「タリスでランチタイム♪」

  • ■列車: タリス
  • ■旅先: ベルギー(タリス車内、ブリュッセル駅、グラン・プラス)
  • ■時期: 2012年10月18日
タリスでランチタイム♪
 2012年10月18日12:43発のタリスに乗って、私たち家族3人はドイツのケルンからベルギーの首都ブリュッセルへ向かいました。

IMG_2187_up.JPGのサムネール画像
 ケルンからブリュッセルの乗車時間は1時間49分です。
出発時間よりやや早めに駅に着いたので、駅前にそびえる世界遺産のケルン大聖堂を最後にまた見学しました。尖塔形アーチの建物とステンドグラスの美しさが心に残りました。
 ケルン中央駅前では、アフリカ系のお兄さんが楽器を演奏していて、乾燥した空気のせいか広場中に心地よいリズムの高音が響き渡っていました。子供たちがお兄さんの帽子の中にコインを入れていきます。大聖堂から駅へとつながる長い石段には、世界各国から来た観光客が座って演奏を聴いていたり、駅前のカフェではビールを片手におしゃべりを楽しむ人でいっぱいでした。

 出発時間はちょうどお昼時でした。タリスは音もなくスーッと発車します。車内は車体と合わせて深紅色で落ち着いていました。
窓越しに、どんどんスピードが上がっていくのがわかります。座席は4人掛け向かい合わせのデーブル席でした。通路を挟んだ反対側は一人用の座席が向かい合わせになっています。乗車してすぐにネットにつないで仕事をすることができて、まるで移動するオフィスですね。

 なんと嬉しいことに、チケットにランチサービスが付いていました!女性車員がメニューを持ってきてくれてコースの説明をしてくれます。本日のメニューはポークステーキとパスタにデザートで赤ワイン♪ベジタリアン用には、クスクスとキッシュのセットメニューです。

 4人掛けテーブル席でご一緒したアメリカ人男性と話してみると、ブリュッセル在住のお嬢様に会いに行くと教えてくれました。

IMG_2259_up.JPGのサムネール画像
 約1時間半の鉄道旅行で私たち3人はお腹いっぱいになり心も満たされて、ブリュッセル到着後はそのまま観光へ行きました。到着したブリュッセル中央駅はモダンな造りで、EU本部が置かれる街としてEU各国の旗が揺れていました。

 ブリュッセルの旧市街地にあるグラン・プラスはとても素敵でした!グラン・プラスの広場を囲む市庁舎に王の館、公爵の館、ギルド(職人組合)と歴史的な建物が並ぶ様は、昼間は華やかな印象を受け夜は幻想的で、いつまでも見ていたいと感じました。

 広場全体が世界遺産に登録されていることが素晴らしいですよね♪

ギャラリーに戻る



Facebook
鉄道で巡る スイスの旅
「スイスパス」は、どこまでスイスイできるのか?
乗車レポート ギャラリー
タリスで行く!ベルギー ワロン ブリュッセル あそベルギー!まなべルギー!いやせるぎー!MAP
鉄道旅行人気の5つの理由
レイルヨーロッパ公式サイトへ
憧れのヨーロッパ鉄道旅行がお値ごろ価格で楽しめる割引キャンペーン実施中!
メルマガの登録はこちらから
Googleブックマークyahooブックマークはてなブックマーク