ホーム > お得な乗車券ガイド > 鉄道チケットの種類

鉄道チケットの種類


あの列車に乗るには何が必要?鉄道チケットの種類

日本の鉄道と同じように、利用する車両によって必要な鉄道チケットは異なるもの。ヨーロッパ鉄道の旅で、通常必要になるのは、鉄道パス以外に次の3タイプのチケットがあります。

区間乗車券

短距離の移動や1区間の往復利用の場合に適しているのが区間乗車券です。日本で購入できる区間乗車券は、各種割引がない代わりに利用条件が良いのが特徴。乗車運賃の他に、特急/急行料金が含まれているため、ユーロシティ(EC)やインターシティ(IC)などの特急列車も追加料金なしで利用できます。ただし全席指定制のものは、別途指定券が必要になります。また包括運賃チケットで利用する列車には利用できません。
また有効期間は、利用開始日より2ヶ月間(利用開始日は発券の際に指定します;英国は発券日より6ヶ月間)。有効期間内であれば、後戻りしない限り途中下車が可能です(フランスは除く)。ただし乗車開始日の深夜23時59分までに旅行を終了する必要がありますのでご注意ください(乗車日当日限り有効)。
区間乗車券


座席指定券/寝台指定券

予約が必要な列車や夜行列車の寝台を利用する場合や任意予約制の列車で座席予約をする場合に必要なのが、座席指定券/寝台指定券です。日本で購入できる座席指定券は、鉄道パスや日本で購入できる区間乗車券を所持している前提での料金となりますので、必ず鉄道パスや区間乗車券と一緒にご利用ください。この指定券を利用する代表的な列車は、スイス氷河鉄道、ベルニナ急行、ドイツのICE、中欧エリアのEC、ICなどです。
座席指定券/寝台指定券


包括運賃チケット(ジャーニーチケット)

包括運賃チケット(ジャーニーチケット)はトーマスクック時刻表やインターネット時刻表などで“Globalfares payable"という表記で表している列車が対象となっています。代表的な列車はプレミアトレインでは、ユーロスター、タリス、TGV、AVEなどのスペイン長距離列車やイーエススター、AVなどのイタリアの長距離列車です。これらは多様な料金体系をとっていて、安い料金程購入時期や払い戻し、変更などの規約が厳しくなっています。
鉄道パスの所有者には「パスホルダー料金(パス割引)」などの割引運賃が設定されていますが、座席数には制限があります。近年高速路線が延伸する中で、この包括料金をとっている列車が増えつつあります。
包括運賃チケット(ジャーニーチケット)



Facebook
鉄道で巡る スイスの旅
「スイスパス」は、どこまでスイスイできるのか?
乗車レポート ギャラリー
タリスで行く!ベルギー ワロン ブリュッセル あそベルギー!まなべルギー!いやせるぎー!MAP
鉄道旅行人気の5つの理由
レイルヨーロッパ公式サイトへ
憧れのヨーロッパ鉄道旅行がお値ごろ価格で楽しめる割引キャンペーン実施中!
メルマガの登録はこちらから
Googleブックマークyahooブックマークはてなブックマーク


Page Top へ