ICE


ICEとは?

ICE(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

東西ドイツ統合後の1991年に颯爽とデビューしたICE(インターシティエクスプレス=アイシーイー)は、ドイツの工業技術を結集して作られた高速列車です。高い快適性を求めて、内部は気密構造となっており、防音効果も優れているため車内は静けさを保っています。

ICEは、ベルリン、ハノーバー、ケルン、フランクフルト、ミュンヘンなどのドイツ諸都市および隣接するオーストリア、スイス、オランダ、フランスの各地を最高時速320kmで結んでいます。


料金を調べる

ICEの特徴

ICE(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

ICEは、ヨーロッパの高速列車としては珍しく、座席指定券なしでご乗車頂けます。また通常1時間に1便以上で運行されていますので、思い立てばすぐに出発できるのも魅力です。大都市間には、ノンストップかつ全席指定のICEスプリンターも運行されています。フランクフルト~ハンブルクは約3時間35分、フランクフルト~ミュンヘンは約3時間10分、ベルリン~ケルンは約4時間20分で到着できます。

このほか国際列車として、スイス(チューリヒ、インターラーケン、バーゼル)、オーストリア(ウィーン)、オランダ(アムステルダム)、フランス(パリ)を結んでおり、チューリヒ~シュトゥットガルトおよびアムステルダム~ケルンは約2時間40分、ウィーン~ニュルンベルクは約4時間45分、パリ~フランクフルトは約3時間50分で走行します。

車内は1、2等共通で、40度までリクライングするシートには折り畳み式のテーブル装備し、肘掛にオーディオ用プラグジャックとコントーラーを設置しています。

1等車の乗客は、列車の乗車前に主要駅に設置されているDBラウンジを利用可能です。また車内でも、乗務員にオーダーすれば、シートに腰かけながらドリンクや食事のサービスを受けられ、専用の個人用テレビ(一部列車に完備)では映画なども楽しめます。車両の連結部分には、大きな荷物をもつ海外からの旅行者には嬉しい、荷物用ロッカーを完備しています。

時間帯によって食堂車が連結されている列車や、軽食や飲物が販売されるバー車両「ボード・ビストロ」を連結する列車もあります。食堂車では、軽い朝食セットメニューからアラカルトのコースまで楽しむことが可能です。ドイツやヨーロッパ各地の多彩な郷土料理を、車窓を見ながら楽しめる食堂車は、鉄道旅ならではの体験です。


鉄道DATA


●運行区間:ドイツ国内主要都市間、フランクフルト~アムステルダム、ハンブルク~チューリヒ、ミュンヘン~ウィーン、フランクフルト~パリほか
●最高速度:時速320km
●クラス:1等、2等
●予約:ICEスプリンターのみ必要
●食事:食堂車とバー車両を連結しています。1等では、リクエストに応じて食事(有料)を座席までサービスします。
●駅ラウンジ:一部の乗車駅にはDBラウンジがあり、1等の乗客は無料で利用できます(スナック類、飲み物が全て無料)。1等の鉄道パス保持者は対象外です。
●必要な乗車券:包括運賃チケット(鉄道パスを利用する場合、パスホルダー料金での座席指定券の購入が必要です)

ICE(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])
拡大してみる



料金を調べる


Facebook
鉄道で巡る スイスの旅
「スイスパス」は、どこまでスイスイできるのか?
乗車レポート ギャラリー
タリスで行く!ベルギー ワロン ブリュッセル あそベルギー!まなべルギー!いやせるぎー!MAP
鉄道旅行人気の5つの理由
レイルヨーロッパ公式サイトへ
憧れのヨーロッパ鉄道旅行がお値ごろ価格で楽しめる割引キャンペーン実施中!
メルマガの登録はこちらから
Googleブックマークyahooブックマークはてなブックマーク


Page Top へ