プロバンス鉄道


プロバンス鉄道

プロバンス鉄道(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

(C) ATOUT FRANCE JAPON

南仏を走るローカル列車、プロバンス鉄道は、地中海コートダジュールを代表する保養地のニースから、ディーニュ・レ・バンへと向かう私鉄路線です。涼しげな渓谷の流れを見ながら走るローカル線の美しい車窓からの眺めをお楽しみください。


プロバンス鉄道の特徴

全線を走る列車は、わずか4往復。終着駅までの150kmを、時速50kmほどでのんびり結び、乗り通すと3時間30分かかります。陽光まぶしい青い海をあとに、山岳区間へ分け入り、涼しげな渓谷の流れを見ながら走るローカル線の車窓の素晴らしさは折り紙つき。フランスの田舎めぐりを楽しむ観光客に大変人気の列車です。

たった1~2両編成の小さな列車の始発駅は、フランス国鉄ニース駅から北へ約500m、歩いて10分ほどのところにあるプロバンス鉄道ニース駅です。長い歴史を誇る鉄道だけあって、近代的な現駅舎の隣には1892年に作られた旧駅舎も残されています。地元の住民の足としても大事な列車であり、駅では南仏なまりの会話が聞こえてきます。

ニースを出た列車は、小さな駅ひとつひとつに止まりながら、イタリアの国境付近を北上します。蒸気機関車の時代には、あまりに列車のスピードが遅いため、乗客が降りて松笠(松ぼっくり)を拾えるほどと語られたことから、「松笠鉄道」の愛称も持ちます。また当時の蒸気機関車も大事に残されており、夏の間の日曜のみ、観光列車として途中駅のビジェ・テニエからアノット間を結んでいます。

中世の時代の面影を色濃く残す町をたどりながら、列車は終着駅のディーニュ・レ・バンへと到着します。アルプスの山ふところにある清々しい空気が満ちた町は、温泉保養地となっており、スポーツや野外活動が楽しめます。


鉄道DATA


●運行区間:ニース~ビジェ・テニエ~アノット~ディーニュ・レ・バン
●クラス:2等
●予約:不要(観光列車は、要予約)
●鉄道パス:フランスレイルパスは50%、フランスに有効なユーレイルパス保持者は25%の割引が受けられます。

プロバンス鉄道(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])

(C) ATOUT FRANCE JAPON





Page Top へ