タリス


タリスとは?

タリス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])
「紅い列車」の愛称で多くの旅人から親しまれ、ワインレッドの車体で"ルージュトレイン"という名前がぴったりなタリスは、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツの各国を結ぶ高速国際列車です。車体には、TGVの改良型を採用。フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ間を最高時速300kmで走行しています。

料金を調べる

タリスの特徴

タリス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])
2009年に新たに高速新線が開通したことにより、現在はパリ~ブリュッセルをわずか1時間22分(1日最大24便)で結ぶほか、パリ~ケルンを3時間15分(1日最大5便)、パリ~アムステルダムを3時間18分(1日最大11便)、ブリュッセル~アムステルダムを1 時間53分(1日最大13便)で結んでいます。

各シートには、エアクッションやヘッドレスト、フットレスト、読書灯などが完備され、寛いだ旅を楽しめます。1等となるコンフォート1では、時間帯に合わせた食事やスナックのサービスもあります。またコンフォート1および、コンフォート2(2等)のフレックス、セミフレックス料金をご利用のお客様は、車内での無料Wi-Fiによるインターネット接続が可能です。その他のコンフォート2ご利用のお客様は、バー車両にてWi-Fi利用のバウチャーを購入する事で、ご利用頂けます。

タリスを含むすべてのフランスの列車では、所持者を明らかにするため手荷物のひとつひとつに必ず荷物タグ(名札)をつけることがルールとされています。乗車前に荷物タグがついていることを確認しておきましょう。

鉄道DATA

●運行区間:パリ~ブリュッセル~アムステルダム/ケルンほか
●最高速度:時速300km
●クラス:コンフォート1(1等)、コンフォート2(2等)
●予約:必要(90日前から予約可能)
●4人掛けシート「Le Salon」は、完全な個室空間が保たれ、革張りの座席とテーブルが用意されているため、会議などを目的にしたビジネス利用に最適です
●食事:コンフォート1では、時間帯に合わせた料理やスナックが提供されます。
●必要な乗車券:包括運賃チケット(または、鉄道パスを利用する場合、パスホルダー料金での座席指定券の購入が必要です)
タリス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])
拡大してみる

おすすめポイント

●バー車両では、各種軽食やスナックなどを販売
●無料WiFiが使い放題(コンフォート1)
●タクシー予約サービスが利用可能(コンフォート1)
●ケルン駅のVIPラウンジと、アムステルダム、スキポール、ロッテルダム駅のNS Hispeedラウンジが利用可能(コンフォート1)
●最新鋭の4人掛けシート「Le Salon」は完全な個室空間が保たれ、革張りの座席とテーブルが用意されているため、会議などビジネス利用に最適

タリス(ヨーロッパ鉄道旅行ガイド[レイルヨーロッパ公式])


料金を調べる


Facebook
鉄道で巡る スイスの旅
「スイスパス」は、どこまでスイスイできるのか?
乗車レポート ギャラリー
タリスで行く!ベルギー ワロン ブリュッセル あそベルギー!まなべルギー!いやせるぎー!MAP
鉄道旅行人気の5つの理由
レイルヨーロッパ公式サイトへ
憧れのヨーロッパ鉄道旅行がお値ごろ価格で楽しめる割引キャンペーン実施中!
メルマガの登録はこちらから
Googleブックマークyahooブックマークはてなブックマーク


Page Top へ